SEOの基礎的なこと講座 その9

ども。

さぁどんどん進めてきたSEO基礎中の基礎講座も

聞いたことあるぞー!!って内容に近づきつつありますよー!

今日のお題はコチラ!

「見出しタグを適切に使いましょう!」

みだしたぐぅー?

そう、見出しタグですね。

HTML言語のタグと呼ばれる中に

<h1>タグとか<h2>タグと呼ばれるものがあります。

そいつらを、うまいこと使っていきましょうねーってお話ですね^^

<h1> から <h6> まで実は種類があります。

ちなみにこの「h」は Headingの略で、見出しって意味です。

新聞紙などに、見出しがついてますよね。

あれと同じやと思ってください。

ちなみに大見出しが<h1>

一番大きな表示になります。で、その次は<h2>、<h3>と

数字が小さくなるにつれて見出しもどんどん小さくなっていきます。

大見出し、中見出し、小見出しとかっていうたりしますね。

新聞と同じで元々の使い方としては、大見出しとかに使うためのタグです。

大きく表示されるんで、普通の文字とは違うから

見ている人(サイト閲覧者)が重要性に気付く視覚的なきっかけとなってたと。

一時期(もちろん今も継続しているサイトもありますが)

h1タグで囲むのは検索キーワードとかを入れておくといいよとなっていました。

画像をわざとh1タグで囲ったりもあります。

※ 文字が非常に大きくなるのでCSSと言われるもので、わざと文字を小さくして見せたりします。

で、今回のポイントはここ。

■ コンテンツのポイントを考えてつかいましょう!

・ページ構成とは関係のないテキストなどには使わない。

・見出しタグをむやみやたらと使わない。

・サイズの使い分けを不規則にしない(使い方のルールがあるっちゃーあります、一応)

■ ページ全体を通して見出しタグは慎重に利用しましょう!

見出しタグが多すぎるとユーザーは何が重要なのかわかりにくくなります。

本当に重要なポイントにのみ使うようにしましょう。

と、基本的には色々言われてますが

今現在稼働しているホームページでも、上記のポイントから大きくずれていても

上位検索されているホームページがわんさかあります(笑)

何をどうしたら、1位になれる!の絶対方式がないことを示す一番ええ事例がこの

h1タグかもしれへんなぁと思う今日この頃。

ただ、基礎的な使い方を知っておくことに害はないので是非!

覚えておいてくださいね^^

*:..。o☆★o。..:* RYO’s HOMEPAGE *:..。o☆★o。..:*

大阪のWEBデザイナーRYO★りょうのWEBデザイン放浪日記-セルフウェブ運動

-----------------------------------------------------------------
Who's Tocoton? Tocotonってナニモン? 
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作やってます。
https://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
インバウンド対応の制作もやってます。(英語・フランス語・ドイツ語 etc)
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにいてます。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてやー!ドシドシどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎!
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
If you need to make a web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and taking a photo, Please check my website!
-----------------------------------------------------------------

Share Button