SEOの基礎的なこと講座 その5

ども。

どんどん進んできたSEOの

スーパー基礎チュー講座の本日は5回目!

今日もすごい勢いで新しい単語が出てくる予感やけども

楽しんでいきまっしょーい!

ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

今日は

「ナビゲーションをわかりやすくしましょう!!」

です。

ナビゲーションていうのはですね、

サイト閲覧者(人間)にも検索エンジン(ロボット)にも

分かりやすく、このホームページには以下のような内容の

ページがありますよーって見せるための

誘導経路ですね。

簡単に言うと、メニューボタン。ナビって言うたりもします。

ホームページの、各ページへのボタンとかいろいろあるんやけども

そこのことです。

ホームページがどんなページ、どんな構成で成り立ってるかを

分かりやすくしましょうねってお話です。

初めて行く百貨店に行ったら

まず何階に何が売ってるか、どこに何があるのか

その階には何があるのかを大体皆様

各階にある経路図で判断されたりしませんか?

ちなみに私は勘で動きます(笑)

いや、それではアカンのです。その勘が外れた時には

ある意味迷子やから(笑)

それと同じように、ホームページの中で

見てる人が迷子にならんように

ここには何があるよーってすぐにわかるようにしてあげると

親切やし、見やすいですよね^^

それは人間にだけじゃなくて

ロボットにもそうなんです。

ちなみに、サイトマップって言葉があるんですが

経路図みたいなもんが実はウェブサイトの中にもあります。

そしてそれはサイト閲覧者(人間)用と

検索エンジン(ロボット)用の2種類用意するべきだと言われています。

サイト閲覧者(人間)用には

サイトマップっていう題名のページを作って

どこから、どういうページにリンクが張られているかを一覧で出す方法があります。

検索エンジン(ロボット)用には、XMLサイトマップっていう

ロボット専用の経路図を作るようになっています。

詳しくは「XMLサイトマップ」って言葉で、検索をかけてみてください。

簡単な書き方が載ってますよー^^

迷った時にはここを見れば一発で、行きたいページへ飛んでいける!!っていう

ページがあれば非常に便利ですよね^^

所謂コンシェルジュみたいな役割をしてくれるページやと思ってくれたらOKです。

さて、ではナビゲーションをわかりやすくするためのポイントを!

■ 自然な階層構造を作ろう!

誰が見ても、分かりやすい作りにしましょう!

たとえば、全体メニュー って中に 食べ物メニュー ドリンクメニュー デザートメニューがあるとかやと

分かりやすいですよね^^

細かすぎるのはNGですよ!! 焼酎を調べるために、見ている人が30回もクリックしないといけないような

ページ構成にすると、見てる人は飽きてきます。見たくなくなっちゃう。。。

■ ナビゲーションはなるべく、テキストにしましょう!

メニュー部分が画像とか、凝ったデザインになっているページが多数存在します。

私も時々使います。 でもSEO的には、画像で書きだしたメニューではなくて本当にテキストだけの

シンプルなもののほうがええみたいです。

テキストだけので飛べるものを、テキストリンクと言ったりします。

でも、TPOに合わせて使い分けてくださいね(これは、個人的な意見です)

誰も迷子にさせないホームページを心がけましょう!

*:..。o☆★o。..:* RYO’s HOMEPAGE *:..。o☆★o。..:*

大阪のWEBデザイナーRYO★りょうのWEBデザイン放浪日記-セルフウェブ運動

-----------------------------------------------------------------
Who's Tocoton? Tocotonってナニモン? 
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作やってます。
https://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
インバウンド対応の制作もやってます。(英語・フランス語・ドイツ語 etc)
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにいてます。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてやー!ドシドシどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎!
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
If you need to make a web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and taking a photo, Please check my website!
-----------------------------------------------------------------

Share Button