色んな文字のカタチ

ども。

大阪女子国際マラソン、すごかったですね。

今年からコースが変わって、我が家のすぐ近くを選手は

走り抜けていきました。

ものすごい応援の数。

あれはすごいですね。最後に赤羽選手が走り抜けていく時の

沿道からの声援を聞いて

自分じゃないけども、ググっとくるもんがありました。

あれ?私、応援されたがってる?(笑)

弱ってるんかなぁ (゚Д゚;)

さて、今日はホームページの基礎の話。

フォントって言葉、聞いたことありますか?

ない? ふぉんとに?!

・・・ すんません。

フォント(font)は、本来「同じサイズで、書体デザインの

同じ活字の一揃い」を指す言葉。

現在ではコンピュータ画面に表示したり、

紙面に印刷(書籍など)したりするために利用できるようにした

書体データを意味している。金属活字の時代から書体の世界に

関わっている者からは、データとしてのフォントは

デジタルフォント(digital font)として区別して呼ばれることもある。

(wikiより抜粋)

なんだとさ。デジタルフォントってかっこいいですね、なんか。

そう、色んな文字のカタチがあります。デザインする時にも

たくさんつかうのですが、丸い文字や筆文字みたいなのとか

POPな感じのとかいろいろあります。

その中で、ゴシック体と明朝体とかって言われるのがあります。

おもに画像部分ではなくて、テキスト部分(このブログのまさに

本文のところとかみたいに、文字の部分)で

使い分けをできるんやけども、

ちょっとお習字みたいな文字が明朝体

普通によく見る、真四角っぽいのがゴシック体。

大阪のWEBデザイナーRYO★りょうのWEBデザイン放浪日記-フォントの違い

説明が適当すぎたので、実際みていただきました(笑)

明朝体で書くと、楷書っぽくなるのでどうしても

丁寧な雰囲気の時なんかによく登場してますね。

あと和風のとことか。

文字にも、表現できるテイストがあるんやでーってことで。

*:..。o☆★o。..:* RYO’s HOMEPAGE *:..。o☆★o。..:*

大阪のWEBデザイナーRYO★りょうのWEBデザイン放浪日記-セルフウェブ運動

Who's Tocoton? Tocotonってどんなん? ------------------------------------------------------
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作をしてます。
http://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにおります。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてー!もどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
Web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and photographer, please check my website!
-----------------------------------------------------------------------

Share Button