昔のブログ記事

美味しそうに見せるために 

ども。
飲食関係の
サイトデザインなどに関わらせてもらっている中で
出てきたちょっとした疑問点。
オーナー VS 女将さん(店員さん)
の構図でちょっとした
こっちが良い! いやこっちだ!!の
言い合い(笑)
聞いてみるとなるほどなーって思うところがあったので
ご紹介します。
オーナーのこだわりは何と言っても
「上質で新鮮で、良いお肉しか使わない!のがウチのウリ!!
せやから写真かて赤身の肉をドドーンと載せたい!」
φ(.. ) メモメモ
対して女将さんと従業員さんは
「肉の写真ばっかり見てても仕方ない!!!
素人にええ肉かどうかなんて一目で判断つくかいなっっ!!」
_ロ(.. )m ケシケシ …_〆(゚▽゚*) なるほどー。
要するにオーナーはこだわりやから写真も
お肉ばっかりでドドドドーンと見せて迫力あるようにしたいけども
女将さんは、そんなん見ててもしゃーないと一蹴したわけですね(笑)
二人とも一理あります。
で、ここで大事なのがターゲットは誰なんかになってくるんですが
やっぱりエンドユーザーは食べる人 = 一般的なお客様になります。
私も女将さんに賛成派ですが
そこはオーナーの意見も汲んで(笑)
両方ちょっとずつ使うことにしました。
ただし、女将さんの言うように「旨そう!!!!」と思えるような
食べたくなる写真にしました。
お肉ばっかり載せてしまいたくなるのもわかるけども
それがどんな風に食べれるのか。
肉にタレつけてるのでもええし、
女性はヘルシーにサッパリ食べたいやろうから
新鮮な野菜と一緒にクルクル巻いて食べるのも美味しそうでした。
私自身が肉の赤身ばっかり見せられても
正直どこまでええ肉かの目利きが出来へんので(苦笑)
二人の意見対立は、なるほどなるほど!の連続。
良い勉強させてもらったなと。
オーナーの「こだわり」は何も間違いではないけども
魅せ方が大切なんやねーってところでございました。
*:..。o☆★o。..:* RYO’s HOMEPAGE *:..。o☆★o。..:*


大阪のWEBデザイナーRYO★りょうのWEBデザイン放浪日記-banner

Who's Tocoton? Tocotonってどんなん? ------------------------------------------------------
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作をしてます。
http://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにおります。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてー!もどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
Web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and photographer, please check my website!
-----------------------------------------------------------------------

Share Button