昔のブログ記事

技術と商才って似てるかも。

ども。
最近2012年もそろそろ
終わりに向けて
身近なところで
「転職活動」が盛んに行われてます。
WEBデザイナーとかで。
焦るようになるのか、
最後の一手!と思うのか
何故かこの年末年始に
駆け込み寺のごとく転職活動するのも
毎年恒例の行事になってきましたねぇ。
かくいう私も約1年前に
環境を変えた1人。
「今年のうちにぃぃぃ!!!!」
と思ってたのが昨日のことのようで
ずーーーーーーーーっと昔のことのような
変な気分(笑)
さて、そんな転職活動に
明け暮れるデザイナーから
「特化した技術者」になるのがいいのかを
質問されました。
答えは
「正直私に言われても(笑)」
ちなみに特化した技術者という定義は
UIデザイナーとかって枠組みです。
UI(ユーザーインターフェース)の専門デザインをする
人がいるんだそうな。
このサイトをもっともっと使いやすくするために
手を入れる!作りかえる!
そんな人たちです。
・・・すげぇ。(;´Д`)
特化してる人は
仕事がある会社や
それをもちろん「ウリ」にしたら
お仕事になるんやから、ある意味ええでしょうね。
ただ、それがイコール
「商売としてうまくいくか」は
別の問題な気がします。
どんなに素敵な才能があっても
それを上手くPRして、
売る力がないと
1人でやるとかっていうんは、難しいのかも。
最近よくよく考えるんですよね。
「技術」と「商才」は似てる。
ようするに「場数」を踏んで
自分で「経験」して
「学んで、考えて、次に生かす」
で、他の人との違いが出てくるとすれば
そこに「ひらめき」とか
「オリジナリティ」がどんだけ出てくるかによって
結果が大きく変わるんやろうなぁと。
あぁ、今すぐに
「技術」も「商才」も
ガッツリ欲しい(笑)
そう、これも似てるとこやけども
「欲しい!」と思って
すぐに手にはいるもんでも、ないところも
そっくりです!!
(´Д⊂グスン
・・・よーするに、がんばれってことですね。
仕事場の氏神様のところへ
あいさついってこよう。。。
◆RYO’s HOMEPAGE◆

Who's Tocoton? Tocotonってどんなん? ------------------------------------------------------
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作をしてます。
http://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにおります。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてー!もどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
Web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and photographer, please check my website!
-----------------------------------------------------------------------

Share Button