恩返しの出番やで、関西!

ども。

地震発生から1週間が過ぎて、

奇跡的にまた生存が確認された方がいましたね。

どんどん増えていってほしい。

首都圏で買占めなどがまだまだ問題となってるみたいですが

今は被災地を救うことを目的に動くべきであると

各機関、各方面から意見が出ています。

さて、関西からの支援やサポートの申し入れをするところも増えて

インテックス大阪を仮設避難所として開放することなどが決まりました。

また、被災児童の受け入れや

町・市単位で疎開してきても受け入れる方向で

橋本府知事と各市町が連携を取っているようです。

関西、今こそ恩返しの時!

阪神淡路大震災の時にも、大量に被災・疎開児童として

転校生や編入生がいました。

隣の大阪にいた私のところでそうやったんですから

今回は規模と範囲がでかすぎる。

多くの子供たちが再び勉強できる場所を作れるように。

更に現在、都市・町としての機能が止まってしまっている場所に

仮設住宅を作っても無意味であるとの橋本府知事の考えも

一理あると思います。

もちろん故郷から離れることが難しい、

また気持ち的にも嫌やと思う方も多いようで、避難を指示したとしても

「ここに残る」と言われる方が多いそうです。

しかしここは前向きに。

とりあえず、街を復興させるためにも地盤をかためねば意味がない。

その間はひとまず安全な、人間としての基本生活ができる場所に避難してもらって

その後故郷へ戻れるようにするのは、どうやろうか。

各地方でも、受け入れが行われているようです。

関西も、どどーんと受け入れて。

ちょっとでも元気になってもらって!

我々ができることは少ないかもしれへんけども、

こんな時こそ恩返し以上の時!

大阪のWEBデザイナーRYO★りょうのWEBデザイン放浪日記-関西から恩返し

*:..。o☆★o。..:* RYO’s HOMEPAGE *:..。o☆★o。..:*

大阪のWEBデザイナーRYO★りょうのWEBデザイン放浪日記-バナー

Who's Tocoton? Tocotonってどんなん? ------------------------------------------------------
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作をしてます。
http://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにおります。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてー!もどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
Web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and photographer, please check my website!
-----------------------------------------------------------------------

Share Button