写真の持つ力 【WEBデザイン】

ども。

自転車が前タイヤパンクし

前輪・後輪すべてのチューブがいかれてた為

急遽チャリンコタイヤを交換したRYOです。

結構な頻度で酷使してるから

RYOの愛チャリは、グデングデン状態やったんでしょうねぇ。。。

(TдT) アリガトウ

カラータイヤにしてやったぜ。

ものすごいファンキーなチャリンコになってしまったけども。

それはある意味ハッピーカラーのオンパレードです。

色の統一性やら何やらを考えると

ありえなーーい!!な

配色ではありますが・・・。

春夏秋冬、いつみても

元気!! な気分にはなれそうです(笑)

さて、この前、紙媒体のお仕事がありまして。

チラシを作成してたんですが、

いやぁ、DTPデザイナーの方はすかばらしいですね!!

あの限られた紙面の中に

いかに情報を入れ込むのか。

読ませる内容はどこか。

読ませない内容はどれか。

などなどを考えながらデザイン・作業をしていく。

WEBデザインも同じく限られた範囲はあるけども

より枠が狭いイメージが、紙にはありました。

でも、紙媒体のデザインをWEBで生かすことは

可能な感じがします。

逆もまたしかり。

きっと本業まっすぐな、プロデザイナーさんは

「紙とWEBは全く違いますっっ!!」

っていうと思う。

RGBとCMYKの差や色んな違いがあるし。

でも表現方法をうまーく混合させてる人って多いじゃないですか(笑)

中華料理にメキシカンを混ぜる・・・みたいな?(笑)

※NYに実際にあります。

そういう表現手法の中で思ったこと。

「写真の持つ力」

これはすごい。

ある意味、どっちの媒体(紙かWEBか)でも

写真の力は同じように重要視されてるし

写真1つでイメージがまーったく変わってくる。

すかばらしい存在です。

オシャレなWEBサイトとか

一枚の写真のようなサイトとかあるしなぁ。

もちろん流行り廃り、更新しやすい、見やすさなどなど

考える要素を入れ込んだときに

はたしてそれがベストな形かどうかは置いといて。

(つ´∀`)つ オイトケー

RYOも写真パシャパシャ撮ってますが

プロってるわけではないので

毎回プロの方が用意して下さるものを見ると

ありがたすぎて、拝み倒したくなります(笑)

自分で写真が用意できる子になれたら

ある意味WEBの表現範囲も広がるやろうなぁ。

もうこうなってくると、趣味やけどねー(笑)

商業デザインにそんな時間と余裕はありましぇん。

Σ(ーё一;) カネガタラヌ

さぁて!

今夜はもう寝よう。

*:..。o☆★o。..:* RYO’s HOMEPAGE *:..。o☆★o。..:*

Who's Tocoton? Tocotonってどんなん? ------------------------------------------------------
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作をしてます。
http://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにおります。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてー!もどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
Web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and photographer, please check my website!
-----------------------------------------------------------------------

Share Button