シンガポール編 -街のデザイン見たおしたった&マーライオンの裏で飲んだビールは最高!ー

ども。Tocoton(とことん)です。
2017年の9月にマイレージたまったし、マレー半島縦断しよう!と決意して行ってきたぶらり旅。
シンガポールで朝から晩まで動けたのは1日。
シンガポールのおしゃれ街・チョンバルまで行って楽しんだあとは、バスに乗って適当に街中をぶらりぶらり。

街中には色んなところにレンタサイクルがあるんです。
これ、タイでもよく見る。ええなーええなー。大阪は梅田にあるやつ以外あんまり無いから
増やしてほしい。天王寺・なんば・梅田・新大阪とかに配置してほしい。
絶対乗る。


ここはシンガポールの大学。Singapore Management University.

実はこの大学、シンガポールアートミュージアムに隣接してる関係かものすごいアーティスティックな
ベンチとか建物とかがある!

こちらがそのシンガポールアートミュージアム。元は由緒正しき男子校の学校の建物なんだそう。
おしゃれ。ってか重圧感すら感じるぐらいの歴史溢れる建物。
この美術館には東南アジアのいろんな歴史やアートが詰まってるんだそうな。

映画にでも出てきそうな外周廊下。芸術的な建築物をうまく使って保存するっていうのは
本当に日本でも是非ぜひ広めていかなアカン分野ですね。
いろんな見方があるからこの件はまた今度。(つ´∀`)つオイトイテ。


緑の気持ちええシンガポールマネージメント大学のエントランスです。
大きな樹に囲まれた大学とか、ええやん!!

人さまのところの建築を見るとええなーええなーええなーって思うのは
隣の芝が真っ青に見える性格やからなんかな。むっちゃ綺麗。


近所には教会もあるってことらしいです。あのロゴっぽいのん、かわいいデザイン。
あんな手描き風味ええなー。フォントもかわいい。


エリアが変わると街の表情もかなりガラリと変わるシンガポールは金融街に行くと
なんちゅーハイテクな感じやっていう建物が立ち並んでます。
CitiBankの建物。SFっぽい。お金が飛び交ってそう。

なんてことを考えながら、翌日から出発予定のマラッカへのバスチケットを手配しに!
事前に大体どこにバス停があるのかを色んな人のブログで見てたからあんまり迷わず行けました。

【バスチケットの購入方法】
方法その1:ネットで購入。
http://www.busonlineticket.com/bus-from-singapore-to-melaka
※色んなバス会社があるけども、Tocotonは「707」ってやつでいきました。
でもネットでは買ってへんのです。見たところバス選んで時間選んでクレジット決済したらOKそうですね!

方法その2:窓口で購入。
Tocotonはこの窓口で購入にしました。事前にバス乗り場がどこかをチェックも出来るし
探検もかねて。窓口のおっちゃんもおばちゃんもええ人でした。
※隣でジョホールバル行きのバスが大盛況で受け付けしてたんやけども、そこで
「マラッカ行きのバスはどこ?」って聞いたらちゃんと教えてくれ・・・る人は教えてくれます(笑)
だいじょうぶ、だいじょうぶ!

【バスのりば】
クイーンストリート(Queen Street)という場所から乗りました。MRTブギス駅から近く結構行きやすいって
よくブログに載ってたから(笑)
(下の地図では、Singapore-Johore Express Terminalとなっている場所がそう。)

これ、窓口。
Tocotonは身長ちっこいので、最初この窓閉まってるんやと思って通り過ぎたけども
よーく見たら人が・・・座っている(笑)

ほらね。ちゃんと買えた。これで明日の朝、もう1回ここに来たらあとはバス乗ってマラッカ行くだけー。
朝ごはん調達できそうなお店もちらほらあるからブギス駅から歩いていくと便利。

翌日の長距離バスのチケットも手配できたし、残りのシンガポールを思う存分探検するべく
有名なブギスへ。
あ、ユニクロ。どこでもあるなー。すごいなー。大人気やがな。

ブギスってところとかは、買い物もいっぱいできるし、お店もたくさんあるし
ショッピング大好き女子・男子には羽生える勢いの場所やと思います。
ただねーー、そんな興味ない人には別にええかなってなるかもしれん(笑)
そんな時にはここ!!

BUGIS STREET! 早い話が露店だらけの商店街みたいな、タイのナイトマーケット的な。
大阪の戎橋商店街的な!
入口すぐにあったジュースやさん。

カラフル―。飲んで大丈夫なん?っていう色もあるけども、美味しそう(゚¬゚*)
・・・おいしそう(☆∀☆)


1番最初に目があった「グァバジュース」にした。
むっちゃうまいww ( ´З`)=3 ゲップ



ストリートの中はこんな感じ。色んな露天商の人が気合いは入れず営業中。
カバンも財布も食べ物もTシャツもお菓子もあるから見てるだけでも楽しい。
お土産探すのもええかも。
スリには要注意。こういうところはどこでもそうやけども。ポケットとかカバンとか要注意。
Tocoton(とことん)も、お土産いれるための街歩きリュック買いました。
サブバック持っていってへんかったけどもやっぱりいるよねー(笑)と。
買って大正解!安い!シンプル!使いやすい!

↑ この前にしょってるやつ、シンガポール製(笑)
この後の旅の中でこの方にどれほどまでに救われたか、空港でもバックパックを預けて
この方を機内に持ち込むことで手荷物が楽ちんやし、タウンユースでも大活躍。
ありがとう、ブギスストリートのかばん屋さんっ!


あたらしい旅の相棒も見つけたところで、次の目的地まで。
TWGの紅茶を探すという目的もあって、マリーナ・ベイサンズへレッツゴーです。
裏道とか行くとまたこんな風に道の横で、焼いてる何か…。
綺麗な街なんか、なんなんか所々で分からんくなるのもシンガポールの面白いとこでした。


MRTブギス駅の地下かな?で見つけたお店。
なんでなん
かねもちって。兼ね餅?金持ち?色々かけてんやろうけども
なんでなん(笑)

盛大にツッコミながらやってきたのは、マリーナ・ベイサンズ。真下から見てもおもろいーー!
くじらみたいー!


ありました。シンガポールといえば、TWG。なんかわからんけどもTWG。
高級感ですよね、この店舗。この感じ。
Tシャツに短パン、リュックで入店するのにちょっと気引けた(笑)
  
夕日が映える素敵な街ですね、シンガポール。
マリーナベイサンズを後にして、てくてくと徒歩で歩いて歩いていくとシンガポールらしい風景が目の前に。
チューリップ型した建物やマーライオン公園の方に歩いていくと目の前から
集団が。。。

やたらたくさんの人が、しかもいろんな人種の人たちがジョギング中。
たしかにこの綺麗な景色見ながら走るのは気持ちよさそう!   
マーライオン公園のあたりはホンマに夕暮れを愉しむ色んな人であふれてて
思い思いに過ごしてる人たち、いいなーって思いました。
シゴトはもう終わって毎日ここでジョギングしてるっていう人とかもいて
人生楽しむってこういうコトかもなーと。


色々思いながら、考えながら、とりあえずブギス駅の地下のパン屋さんで買った月餅を食べよう(笑)
これ、むっちゃおいしかった!この時期(中秋節)やから東南アジアはどこにいっても月餅♪
月餅好きとしては、色んな味を食べ比べられる最高の時間。


JUBILEE BRIDGEを渡れば・・・


“キタ━━━━ヽ(゚Д゚,,o)ノ━━━━!!!!”
マーライオン、”キタ━━━━ヽ(゚Д゚,,o)ノ━━━━!!!!”
初対面。初体験。
「ちっちゃくてガッカリしました」とかっていう感想をよく聞いてたけども
ぜんぜんがっかりなんかせーへんかった!

パイナップルに見えるけども、魚+ライオン!
しかもずっと水出してる!

けっこうな水量で(笑)
一点をガン見しながら、延々と水をダバーーーーーーーーーッッ!!!

おもろい(笑)

そして繰り広げられるなぜかTVドラマ撮影(笑)

撮影スタッフさんってどこの国でも同じで、やっぱり大変ですね。


マーライオンの後ろ姿。
ぼってり♪

その後ろ姿を見ながら、こんな素敵なビールや唐揚げが食べれるオープンテラスなお店があったり。
とことん楽しむマーライオン公園。
夜も更けてくると、また違った景色になるシンガポールのベイエリア。

綺麗。
空が広い。
都市が綺麗。

シンガポールは、夜景も美しい街でした。
夜景撮影してる時には心の底からため息出たぐらい綺麗やった。

人ものびのびしていて、優雅で。
素敵な街シンガポールでした。

Who's Tocoton? Tocotonってどんなん? ------------------------------------------------------
Tocoton はアメ村でホームページを中心にデザイン制作をしてます。
http://toco-ton.com/
ロゴ・名刺・チラシ・メニュー表・看板、写真撮影もやりますよ!
フットワーク軽いデザイナーお探しの方、ここにおります。
ご相談・お見積もり・ちょっと聞いてー!もどうぞ。
海外からのお仕事も大歓迎
Tocoton is a freelance web designer works at America-mura @ Osaka, Namba.
Web site, logo, namecard, flyer, menu, signboard and photographer, please check my website!
-----------------------------------------------------------------------

Share Button